認定薬剤師の強みとは?

資格を持っていることが一流の薬剤師であるという評価につながるわけではありません。
とくに、免許の更新制度がない場合にはそう言えます。
薬剤師の場合は薬学部を卒業して国家試験に合格することによって、生涯有効な免許を得ることができます。
つまり、それ以降のその薬剤師の能力やスキルを測る尺度としては、国家資格では不十分なのです。
そこで最近では認定薬剤師になることによって、転職などにより有利に作用することが報告されています。
認定されていれば、その分野においては第一線で活躍できるということなので、転職などに非常に有利となります。
今後もますます認定制度が根付いていくことと思われます。